« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009/1/24 ON AIR 長野泰昌と丹羽葉之介の「Saturday TOKYO」

「090124_sat_tokyo.mp3」をダウンロード

2009/1/24 ON AIR 長野泰昌と丹羽葉之介の「Saturday TOKYO」

MC:長野泰昌(長野)、丹羽葉之介(仲間1号)

・今週の「Saturday TOKYO」は映画特集。最近長野が観た中でオススメの映画をご紹介致します。

・まずは「ダークナイト」(2008/米)。ヒース・レジャーの演技、物凄い!素晴らしすぎです!

・続きましては「アクロス・ザ・ユニバース」(2007/米)。やっぱりビートルズは偉大だなぁ。イイこと言ってるよ。映画としても素晴らしいです。

・ミュージカル映画つながりで「マンマ・ミーア!」(2009/英・米)。ABBAも偉大。イイこと言ってる。アラフォーのお母さん方に観てもらいたいですね(できれば年頃の娘さんと一緒に)。

・Delicious Tokyo オランダ屋「楽花生パイ」

・今日は映画特集なので、「Delicious Tokyo」的には「レミーのおいしいレストラン」(2007/米)もご紹介しなくてはいけないでしょう。この映画、ブルーハーツにインスパイアされてるんじゃないの?という妄想を長野が語ります。

・「派遣切りが人事ではない丹羽葉之介」がお送りする、Perfect Cinema Tokyo 今週は長野が「Perfect Cinema Tokyo」をジャック!「イタリア的、恋愛マニュアル」(2007・伊)。様々な世代の様々な恋愛のかたち。これもアラフォーの女性に観てほしいです。しみじみと沁みます。

・「イタリア的、恋愛マニュアル」が「夫婦愛」を描いた映画なら、「リトル・ミス・サンシャイン」(2006/米)は「家族愛」を描いた映画。滑稽だけど愛しい家族の肖像が、これまた沁みます。

※「長野泰昌と仲間たち。」へのご意見、ご感想、企画の持ち込み、苦情、「Saturday Tokyo」へのおたより、その他もろもろはこちらから。

RSS(podcast)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/1/17 ON AIR 長野泰昌と丹羽葉之介の「Saturday TOKYO」

「090117_sat_tokyo.mp3」をダウンロード

2009/1/17 ON AIR 長野泰昌と丹羽葉之介の「Saturday TOKYO」

MC:長野泰昌(長野)、丹羽葉之介(仲間1号)

・唐突ですが、今回はいきなり秋元順子さんの話から入ります。

・前回に引き続き、長野泰昌38歳、が、Perfume、を熱く語ります!

・遅ればせながら、長野と葉ちゃんの年末年始。

・Delicious Tokyo YOKUMOKU「冬季限定 ショコラクッキー」

・「YOKUMOKUを買ったらのしを付けられそうになった丹羽葉之介」がお送りする、Perfect Cinema Tokyo 「銀河鉄道999」(1979・日)

・長野泰昌の奇妙な冒険 in 小高

※「長野泰昌と仲間たち。」へのご意見、ご感想、企画の持ち込み、苦情、「Saturday Tokyo」へのおたより、その他もろもろはこちらから。

RSS(podcast)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/1/10 ON AIR 長野泰昌と丹羽葉之介の「Saturday TOKYO」

「090110_sat_tokyo.mp3」をダウンロード

2009/1/10 ON AIR 長野泰昌と丹羽葉之介の「Saturday TOKYO」

MC:長野泰昌(長野)、丹羽葉之介(仲間1号)

・あけましておめでとうございます!「2009年」「平成21年」という極めて中途半端な響きの一年が始まります!

・38歳長野泰昌は今、アイドルに夢中です!新年早々Perfumeを熱く語ります!繰り返しますが、長野泰昌38歳、が、Perfume、を熱く語ります!

・Delicious Tokyo オーボンヴュータン「シュークリーム」

・「新年早々遅刻をした丹羽葉之介」がお送りする、Perfect Cinema Tokyo 「ブレードランナー」(1982・米/香港)
そして、長野が年始にオススメしたいのは「世界最速のインディアン」(2007・新/米)

・名作は労なくして生まれず!ビルボードチャートに15年間もランクインし続けるモンスターアルバム、ピンク・フロイドの「狂気」をご紹介

※「長野泰昌と仲間たち。」へのご意見、ご感想、企画の持ち込み、苦情、「Saturday Tokyo」へのおたより、その他もろもろはこちらから。

RSS(podcast)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »