自己紹介文

■長野泰昌(長野)
さっぽろ雪まつりに2年連続(2007年、2008年)で出演、FM81.3MHz さっぽろ村ラジオ「Saturday TOKYO」メインパーソナリティをつとめるなど、なにかと北海道に縁の深い東京在住の音楽屋。



■丹羽葉之介(仲間1号)
FM81.3MHz さっぽろ村ラジオ「Saturday TOKYO」メインパーソナリティ。広島出身の俳優で、出演作は映画、テレビドラマ、CMなどと多岐に渡る。長所は時間に正確な所。



■もりたくん(仲間2号)
札幌在住のベーシスト。「お若いのにセンスの良いベースを弾く人。『この若さでこんなベース弾かれたら、俺、どうすりゃいいの?』って感じ(長野談)」



■管理人くん(仲間3号)
「長野泰昌と仲間たち。」の管理人。「管理人」というからには響子さん(めぞん一刻)みたいになりたい東京在住の会社員。球場フェチ。



■田口尚宏(仲間4号)
長野の高校の同級生であり、長野がかつて在籍していた「FORKY BLOOD」というバンドのギタリスト。キューティクルがうるわしい山羊座のA型。



■グリ島(仲間5号)
「劇団丹羽座」座付き作家。作品で家を建てた訳でもないのに、作家。誰が何と言おうと、作家。「Football」の日本での呼称は、サッカー。



■岩山部長(仲間6号)
元FORKY BLOODのベーシストにして、部長に見えない部長。ピアノを弾かせるとつい「千の風になって」を歌ってしまうような、愛すべき部長。



■MAIKO(仲間7号)
札幌出身の、コーラスアレンジを得意とする、ドリカムを見れば涙するヴォーカリスト。ブルーのシャツ着て涙。何度でも何度でも何度でも涙。すごく愛してる人に愛してると言うだけで涙。口癖は“カラオケ行こ~よぉ~!”



<<ブログに戻る